FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Old Boys' Reunion 「OBたちの再会」

On Sep. 19-20, I watched "Shakaijin" Competition of Men's Rhythmic Gymnastics for the first time. "Shakaijin" is a word which cannot be easily translated into English. It literally means "a person who works as a member of society" and carries a connotation of matured person. In MRG field, however, it implies a rather pessimistic fact: to be "Shakaijin" means they are not a member of the club they used to belong to any more, and that it is often the end of their career as a gymnast.

9月19、20日に、私は初めて男子新体操の社会人大会を見ました。 「社会人」という言葉は、簡単に英語に訳すことができません。文字通りに訳せば、「社会の一員として働く人」という意味であり、成熟した大人という意味合いを持つ言葉ですが、男子新体操の世界においては、やや悲観的な響きを持ちます。「社会人」になるということは、もはや所属していたチームのメンバーではなくなるということであり、それはつまり多くの場合、新体操選手としてのキャリアの終わりを意味するのです。

Japan has gained an infamous reputation as a workaholic society and, yes, I'm sorry to say it is true. In most cases, to be shakaijin means you have to work frantically without complaining about unpaid overwork, unused paid leave, and long working hours in order not to get fired. For gymnasts, it is next to impossible to continue MRG after they graduate from school.

日本はワーカホリックな社会であるという不名誉な評判を得ていますが、残念ながらそれは正しいと言わざるを得ません。ほとんどの場合、社会人になるということは、残業代が支払われない仕事や未取得のままの有給休暇、長時間労働に対する不満も言わずに、クビにならないよう必死に働かなければならないということを意味します。選手たちにとって、卒業後に男子新体操を続けるということはほとんど不可能に近いのです。

But there are some gymnasts whose passion for MRG is too strong to give up. They cannot just quit. On Sep. 19 and 20, they showed how big their love for MRG was and how they just couldn't give up, and the way they shared those strong feelings not only with their teammate but also with the other gymnasts who belong to different teams inpressed the audience.

しかし、諦めるにはあまりにも男子新体操に対する情熱が強すぎる選手たちもいます。彼らは、ただ終わることなどできないのです。9月19日と20日に彼らは、自分たちの男子新体操に対する愛情がどれほど強いか、諦めたくないと思っているかを見せてくれました。そして、彼らがチームメートのみならず、他チームに所属する選手たちとその強い気持ちを共有する様子は、観客を感動させました。



The synchronization of MR gymnasts often amazes the world on YouTube. In most cases, that synchronization is a result of hard training for a long period of time, but for "Odorigokoro", the OB team consisted of sophomores as "shakaijin", securing the time for practice was like asking for the moon. Amazingly, it was the second opportunity for them to practice with all members when they performed on the competition site, perhaps because the team includes busy professional performers from BLUE TOKYO (Sho Kobayashi) and RA-BA-SIN (Masamitsu Kikuchi). Not only them, but Hayami Yumita of Cirque du Soleil and Yohei Iwai of Siro-A supported them as well. Yuma Takeuchi, Tomoo Sasaki, Shigeru Sakakibara, Naoki Nemoto and Masaki Hayashi are all great gymnasts anyone related to MRG knows.

男子新体操選手の同時性はYouTubeで世界の人々を驚かせています。多くの場合、そのような同時性は長時間の厳しいトレーニングの結果ですが、社会人2年生たちからなるOBチームの「踊心」については、練習時間を確保することは無い物ねだりに等しいものでした。驚くべきことに、試合会場で演じたのが全員揃っての2回目の練習で、それはおそらくBLUE TOKYO(小林翔)やRA-BA-SIN(菊池正源)といった多忙なプロのパフォーマーがメンバーに含まれていたからでしょう。彼らだけではなく、シルクドゥソレイユの弓田速未、白Aの祝陽平も彼らをサポートしていました。竹内佑真、佐々木智生、榊原繁、根本直樹、林雅己も、新体操界では知らぬ人のいない優れた選手たちです。

When I saw them exchange high-fives with their opponent team and hug each other, I fully understood what the team name "Odorigokoro" means. The heart of dance. The love for men's rhythmic gymnastics. The love for all the gymnasts involved in this sport. The love for life.

彼らがライバルのチームとハイタッチをし、抱擁しあうのを見て、チーム名の「踊心」の意味がよくわかりました。踊りの心。男子新体操に対する愛。このスポーツに関わるすべての選手たちに対する愛。人生に対する愛。

踊心highfive

They enjoyed what they did, and they deserves what they've got from it.
彼らは自分たちがしたことを楽しみました。そして彼らは、そこから得たものに値する人々だったのです。


踊心フル3(K)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。