FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inter-College Championship 2015 Team Routine インカレ2015 男子新体操 団体

Aomori University MRG team is famous for its legendary performance accompanied with a piece of beautiful music titled "Blue".

青森大学の男子新体操部は、美しい「Blue」という音楽で演じた伝説的な演技で有名です。



This performance never fail to make whoever watch this to tears, even if they don't know the story behind this performance. Actually, this performance was dedicated to the deceased teammate, who died from brain cancer at his 20s. Usually, at MRG competitions, crowds cheer for their teammate shouting "Gamba!" (means "Do your best!") or "Faito!" (means not "fight", but "Go for it."). But in this performance, no such loud voice was heard. They silently watched the six gymnasts move on the mat, with spontaneous and intermittent clapping. Gymnasts as well as their teammate wanted to show respect and condolence for their Sempai.

たとえこの演技の背景にあるストーリーを知らなかったとしても、この演技を見た人は誰でも思わず涙してしまうでしょう。実は、この演技は20代で脳腫瘍で亡くなったチームメイトに捧げられた演技だったのです。通常、男子新体操の試合では、観衆は「がんば!」とか「ファイトー!」と叫び、チームメイトを応援します。しかしこの演技では、そのような叫ぶ声は聞かれませんでした。ただ静かに6人の選手達がマットの上を動くのを見つめ、時折自然に沸き起こる拍手があるだけでした。選手達も、応援するチームメイトたちも、「先輩」への敬意と哀悼の意を表したかったからです。

The bond between MR gymnasts is very strong. At the same time, so-called "Sempai-Kouhai" (senior and junior) relationship is strict like most other college sports in Japan. Having earned respect from Kouhai even after graduation from university--it indicates he was rich in humanity--Mr. Masayuki Otsubo had no enemy around him... except brain cancer.

男子新体操選手同士の絆は非常に強いものがあります。同時に、いわゆる「先輩後輩」の関係も、日本のほかの大学スポーツ同様、厳しいものです。大学卒業後も後輩から尊敬されていた大坪政幸さんは、人間性にも優れ、周囲に敵を作るような人ではありませんでした…脳腫瘍という敵を除いては。

Aomori Yamada High School and Aomori U took part in "Relay for Life" campaign in September, which supports cancer patients and their families. The memory of Mr. Otsubo has been handed down from Sempai to Kouhai.

青森山田高校と青森大学は、9月に「リレーフォーライフ」の活動に参加しました。これは、がん患者とその家族を支援するための活動です。大坪さんの記憶は、先輩から後輩へと受け継がれています。

Aomori University won the Inter-College Championship this year, which stretched their consecutive victory record to 14. Fourteen years!! That does not mean other college teams were doing poorly. No way. Watch Hanazono (2nd place in 2015) and Kokushikan (3rd place), and you'll see their performances were beautiful enough and next to perfect. Oh, how I love their balanced posture which I call "Hanazono Balance" and "Kokushikan Balance". Watching Hanazono gymnasts whip their hand while they raise their leg high, I always feel like crying with no reason. Of course, Fukuoka U and Sendai U did their best.

青森大学は今年、全日本インカレにおいて、連勝記録を14に伸ばしました。14年!!なにもほかの大学の調子が悪かったわけではありません。全く違います。花園大学(2015年2位)、国士舘大学(3位)の演技はそれはもう美しく、ほぼ完璧といえるものでした。私は、個人的に「花園バランス」「国士舘バランス」と呼んでいる彼らのバランスのポーズが本当に好きです!花園大学の選手たちが足を高く上げながら手のひらをくるりと回すのを見ると、なぜかわかりませんが泣きたい気持ちになります。もちろん福岡大学、仙台大学もベストを尽くしました。


[Hanazono]



[Kokushikan]


The moment Aomori team appeared, the audience were surprised to see their costume. So GREEN!! It reminded me of Cirque du Soleil, and as their performance went on, I was more convinced that Japanese MRG is nothing but a form of art involving athleticism. Their movement shocked the audience--they just couldn't believe their eyes because no one expected to witness that high level of performance by humans.

青森大学が登場した瞬間、観衆はその衣装を見て驚きました。あまりにも緑!!私は思わずシルクドソレイユを思い出してしまいましたが、彼らの演技が進むにつれ、日本の男子新体操はアスレティシズムを含む芸術の一形態以外のなにものでもない、という思いを強くしました。選手達の動きは観衆にとって衝撃的で、自分の目を信じることができませんでした。人間による、このような高いレベルの演技を目撃することを、だれが予期できたでしょうか?

So, are you ready to watch the spectacular perfection of beauty and athleticism?
さて、美とアスレティシズムの極致である演技を見る心の準備はできましたか?



The biggest championship of MRG in Japan will be held on Nov. 6-8 at Gifu Memorial Center. Don't forget to get your ticket at "チケGYM".

日本の男子新体操の最大の試合、全日本が11月6日〜8日に岐阜メモリアルセンターで開催されます。「チケGYM」でチケットを買うのをお忘れなく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。