FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kokushikan RG Team 国士舘大学新体操部

I visited Kokushikan RG team on April 9th, 2016. They were working on new team routine.
2016年4月9日に国士舘大学の新体操部を訪問しました。ちょうど新しい団体演技を作っているところでした。

Kokushikan04091.jpeg

Their coach, Kotaro Yamada (center in the above picture) was watching them repeat flips and other movements sitting in his chair, but very often got up and went to the gymnasts and discussed very small details with them, which I hardly noticed. He sometimes asked for opinions from S. Oshita (left), a former captain who led the team to win back "All Japan Championships" title in 2008 and now a coach of Kokushikan Highschool RG team, and T. Saito, two-times champion of "All Japan" and now a graduate student of Kokushikan. I had an impression that this team was very agile and efficient. Their practice went like this:
監督である山田小太郎氏(上の写真中央)は、椅子に座って選手が宙返りやその他の動きを繰り返すのを見ているのですが、頻繁に立ち上がって選手の中に入っていき、私などがほとんど気がつかないような非常に細かな点を選手たちと話し合っていました。そして、2008年にジャパンで団体優勝した時のキャプテンであり、現在は国士舘高校のコーチである大舌俊平さん(写真左)や、ジャパンで2年連続優勝し、現在は国士舘の大学院生である斉藤剛大さんの意見を求めていました。このチームは非常に機敏で活気があり、効率的であるという印象を受けました。練習は次のような感じで行われていました。

Kokushikan04093.jpeg

“Let’s try this pattern of flips”, says Kotaro Yamada. The six gymnasts do the complicated combination of flips. “Ummm… could you recognize the movement?” Yamada asks to Y. Ichinohe, who is taking the video of gymnasts. Then everyone watches the iPad screen with such a serious look, and exchanges their opinions freely regardless of their age and order in hierarchy.
「これこれのパターンを試してみよう」と山田監督が言うと、6人の団体選手たちは複雑なタンブリングの組み合わせをしてみせます。「うーん、わかった?」と山田監督がビデオ撮影している一戸君に尋ねます。それから全員が真剣な顔つきでiPadの画面を覗き込み、年齢や序列に関係なく、自由に意見を言い合います。

In this way, their movements changed very slowly, but got better and better. I heard that Kokushikan used to have extremely harsh and strict senior-junior relationships. Not any more. The gymnasts, full of youthful energy, were trying to build their team routine through collaboration between members and coaches.
このようにして彼らの動きは実にゆっくりと、しかしより良いものに変化していきました。かつて国士舘では、先輩後輩の関係が非常に厳しかったと聞きました。しかし今は違います。若いエネルギーに溢れた選手たちは、メンバーとコーチ、監督とのコラボレーションを通して彼らの団体演技を作り上げようとしていました。

国士舘バランス0415

“Kokushikan balance” -- I love this unique posture very much. It’s unique and original, like gymnasts in this RG team. Mr. Yamada proudly told me that he was trying to find good aspect of each gymnast and nurture their individuality. Exactly! Hayami Yumita and Takahiro Saito, two very different types of legendary gymnasts were brought up in this club!
「国士舘バランス」-- 私はこの独特なポーズがとても好きです。独特で他にはないポーズ。この新体操部の選手たちのようです。山田監督は、個々の選手の良い面を見つけて個性を育てるようにしていますと、誇らしげに語ってくれました。まさに!弓田速未選手と斉藤剛大選手は全く違うタイプの伝説的な選手ですが、どちらもこの新体操部で育ったのですから!

Mr. Yamada said, “We are happy to have visitors in our club. You can take and use pictures or videos of anyone, anything.” That is, I must say, very very rare for a top-level RG team like them, especially at this time of the year. From these things, I could feel his passion to promote MRG. When he was young, he even went to Malaysia for a year to spread MRG, which existed only in Japan, to the world. Now he gets older and has become a chairperson of MRG committee, but his mind seems to be still as young and flexible as it used to be.
山田氏は言います。「いつでも見学に来てください。どんな写真や動画を撮っていただいても構いません。」これは、このようなトップレベルの部にしては、そして特にこの時期としては、とても稀なことと言わざるを得ません。これらのことから、男子新体操を広めたいという山田監督の情熱を感じることができました。山田氏は若い頃、日本にしか存在しない男子新体操を世界に広めるために一年間マレーシアに行きました。年齢を重ね、現在は男子新体操委員会の委員長を務められていますが、彼の心はかつてそうであったのと変わらず若く、柔軟性に富んでいるようです。

Koku0415.jpeg

Kokushikan RG team has its own website that provides much information not only on current members of the club but also on retired athletes. The contact address is on the top right of their page, so you can contact them if you’d like to invite Kokushikan RG team for events, or ask ANY questions about men’s rhythmic gymnastics (You can write in English)!
国士舘大学の新体操部にはウェブサイトがあり、現在のメンバーだけではなく、引退した選手たちの情報も掲載されています。右上には連絡先が掲載されていますので、国士舘の新体操部をイベントに招待したいとか、男子新体操についてなにか質問がある場合は連絡を取ることができます(英語の問い合わせOKです!)


(この記事は国士舘大学新体操部の許可を得て掲載しています)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。