FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ibara High School(井原高校)

Ibara High School is one of the most famous and prestigious schools in the field of Men's Rhythmic Gymnastics. Their stunning performances continue to fascinate people around the world. When I saw their performance on YouTube, the first thing which came to my mind was "How could they achieve this level of brilliant artistry? What on earth makes them so special?"

井原高校は男子新体操界において、最も有名で名誉ある学校の一つです。彼らの驚くべき演技は世界中の人々を魅了し続けています。YouTubeで彼らの演技を見た時、私の心に最初に浮かんだのは「一体彼らはどうやってこのようなレベルの素晴らしい芸術性を達成できたのか?」ということでした。いったい、何が彼らをそんなに特別にしているのでしょうか?

Ibara is a small but cozy, closely-knitted town in Okayama prefecture with 42,000 people. Surprisingly, however, it has produced as many as four champions at national level competitions so far and three became Cirque du Soleil performers (as far as I know). Also, Ibara high school has won three times at "Senbatsu" or "Inter-high" competitions as a team.

岡山県井原市は人口4万2千人の、小さいけれども落ち着いた、人々の絆が深い町です。けれども驚くことには、この町は、私が知る限りでもこれまで4人の全国大会のチャンピオンを生み、3人がシルクドゥソレイユのパフォーマーとなっています。また、井原高校は「選抜」や「インハイ」で3度団体優勝しています。

A lot of fans of MRG say that Ibara team is very special and attractive. And, yes, their attractiveness has been proven on Facebook. As of March 8, the video of their performance has recorded almost 20,000 shares and 1,200,000 views within only 12 days.

多くの男子新体操ファンが「井原は特別で魅力的だ」と言います。その通り、彼らの魅力はFacebook上で証明されました。3月8日現在、彼らの演技の動画がわずか12日間で2万近いシェアと120万回の再生回数を記録したのです。



People around the world share this video and give them the highest compliment for their beauty, synchronization and precision. I'm so proud of them and enjoyed reading comments given to the post. But if you come to think of Ibara boys, their daily life is not filled only with fame and glory. I heard that they practice so hard and for so long both on weekdays and weekends. And it is a shame that even in Ibara, Men's Rhythmic Gymnastics is not the sport everyone knows.

このビデオを見た世界中の人々が彼らの美しさ、同時性、正確さに最大限の賛辞を送っています。私は彼らが誇らしくて、投稿についたコメントを喜んで読みました。しかし、井原の選手たちの日常生活を考えてみると、それほど輝かしく栄光に満ちたものであるというわけではありません。彼らの練習はとても厳しく、長時間にわたり、平日も週末も練習があるそうです。そして残念なことに井原市においてさえ、男子新体操は誰もが知っているスポーツというわけではないのです。

Here's a problem.

MRG has fascinated a huge number of people around the world. On the other hand, in Japan, only a small number of people know and enjoy this sport.

一つの問題が、ここにあります。

男子新体操は世界中の膨大な数の人々を魅了していますが、一方で国内ではごく一部の人しかこの競技のことを知らないし、楽しんでいません。


MRG exists only in Japan. This does NOT mean this sport is futureless. On the contrary, MRG has tremendous potential to be appreciated by people across cultural, racial, and ethnic differences. Let it survive and flourish. If not we, who? If not now, when?

男子新体操は日本にしか存在しません。これは、このスポーツに将来性がないということを意味するのではありません。反対に、男子新体操は文化、人種、民族的な違いを超えて人々にその真価を認められる大いなる可能性を持っています。男子新体操を生き残らせ、繁栄させましょう。我々がやらねば、誰が?今でなければ、いつ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。