FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアにおける男子新体操

This article is written both in Japanese and English. English comes right after Japanese.

以前、ロシアについての記事を書きました。【こちら

その後、様々なことがわかってきましたので、読者の皆様と情報共有したいと思います。まずはこちらのロシア語のニュースサイトの翻訳をご覧ください。元記事は【こちら
(ロシア語→英語→日本語ですので、100%正確な翻訳ではありません)

I once wrote about Russia in this blog. Since then, there have been many new findings about the recent development in Russia, so I’d like to share the information with the readers.

ヴィネル氏の主導で男子の選手権開催へ

イリーナ・ヴィネルは新体操の世界にまた革命を起こすことを決意した。今回、ロシアチームのヘッドコーチ(=ヴィネル氏)は新しいナショナルチームを作った。

なぜ男子新体操はアブノーマルと思われているのか?
「男子新体操には、ロシアでも強い偏見があります。男子新体操はなにか犯罪的で、アブノーマルで、男らしくないと。インターネットで拡散されている映像がさらに誤解を与えています。スペイン人が女子と同じ手具を使って、女子と同じ動きをするあれです。正直に言って、私にはちょっと理解できません。男子が女子と同じことをするのは美しくないですし」とロシア人初の世界チャンピオンであるAlexander Buklov氏は語った。

日本発祥のこのスポーツは、2005年にイリーナ・ヴィネル女史が始めたものだ。才能ある男の子を探している時に、SamaraでAlexander Buklovを見つけ、数ヶ月後には彼を世界チャンピオンにしたのだ。

混同してほしくない
その後、どういうわけか男子新体操は急速に忘れられてしまった。しかしこのスポーツが長い間忘れられっぱなしになるなどということを、イリーナ・ヴィネルは許さなかった。全ロシア新体操協会(WFHG)の会議で、男子新体操部門を作ることが満場一致で決議されたのだ。その担当者はAlexander Buklovである。

「公式に認められたので、男子新体操のことを理解してもらうために今後は何倍も真剣に取り組んでいく必要があります。器械体操と混同されたくないのです。偏見や見下すような態度もありますけれども」とBuklov氏は言う。

イリーナ・ヴィネルアカデミーは、新しいプログラムを立ち上げた。これは「スター・チルドレン」と呼ばれ、3歳〜12歳までの男女に体操を通して総合的なトレーニングを行う。来年には、20人からなるロシアチームができそうだ。

「いくつかの地域から申し込みが来ています。カザン、ペトロザボーツク、モスクワ、バルナウル、私の郷里のサマラなどが将来的にはつながっていくでしょう。ロシア全土から優秀な子供を選抜しています。」とBuklov氏は言う。

イリーナ・ヴィネルは男性にラインストーンつきのレオタードを着せて、リボンをもたせたいわけではない。男子新体操は女子の新体操よりもむしろ、道具を使ったアクロバットに近い。

「男子新体操で使われる手具は女子のものとは違います。女子より重いクラブ、リング、木製のスティックとロープです。また、考え方も異なっています。男子新体操が日本発祥であるのは秘密ではありません。したがって、このスポーツには武道の要素があり、東洋的なスタイルを持っています。だから、男の子を女の子みたいにするというわけではないのです。」とBuklov氏は語る。

「同じ手具であるロープにしても、女子よりずっとダイナミックで、アクロバットの要素があります。あらゆる種類の宙返り、ひねり、回転など。6人で行う団体もあります。手具は使われませんが、クレイジーなまでのアクロバットの要素と同調性があります。」とBuklov氏は付け加えた。

すでにモスクワその他の都市で男子新体操のクラスが存在している。最近行われたAmina Zaripovaカップでは、ロシアの新しい種類のスポーツ(=男子新体操)の代表9人が演技をした。この地球上で最も成功したコーチであるイリーナ・ヴィネルにとっては、ロシアといえども広すぎて手に負えないということはないだろう。イリーナのおかげで、男子新体操がFIGの傘下に入るのも、遠いことではないと思われる。



(Google translation of the Russian website)
Viner will lead the men to the championship titles

Text: Marina Gubina / Infox.ru

Irina Viner decided to make another revolution in rhythmic gymnastics. First, she achieved the fact that the International Federation (FIG) allowed athletes to go to the platform in skirts. Now the head coach of the Russian team creates a new national team.

"Why is men's gymnastics considered something abnormal?"
Those who want to offend representatives of this sport, already call it "men's artistic gymnastics."
"We do not call this the men's artistic gymnastics, because we already have a clearly established stereotype in Russia: male artistic gymnastics is something criminal and abnormal, not typical of men. And what they spread on the Internet, misinforms the people even more. I saw these videos: the Spaniards performed, they did women's exercises with female objects. To be honest, I did not understand this, for a man to do it is ugly, let's say softly, "Alexander Buklov, the first Russian world champion in male rhythmic gymnastics, told in an interview with Infox.ru.
The development of this sport, which originated in Japan, the famous trainer Irina Wiener took up in 2005. She went to Russia to view talented boys. She came to Samara, found there Alexander Buklov, and a few months later made him the world champion.

"We do not want to be confused"
After this success for rhythmic gymnastics for some reason quickly forgotten. But for a long time not to remember about this sport Irina Wiener could not afford. In December 2009, he became official in Russia. At the reporting conference of the All-Russian Federation of Rhythmic Gymnastics (WFHG), all representatives unanimously voted to create a department of male rhythmic gymnastics. Curator of it was Alexander Buklov.
"Everything acquires official features, and it will be necessary to work several times more seriously, so that they will hear about us and finally understand what kind of sport it is - male rhythmic gymnastics. We do not want to be confused with artistic gymnastics, so that there are some "but" and prejudiced or disparaging attitude, "Buklov said.
"The Academy of Irina Viner is now launching a new program - a program of comprehensive and harmonious development using the means of gymnastics called" Star Children ". We recruit both girls and boys from three to twelve. We are watching all comers, "he continued.
Already next year will be formed the Russian team of 20 people. "We have applicants from several regions. This is Kazan, this is Petrozavodsk, this is Moscow, this is Barnaul, I think that my native city, Samara, will be connected in the future. We will select talented children across Russia, "said the curator of the men's rhythmic gymnastics.

"Male gymnasts have a different ideology"
Irina Wiener is not going to dress men in swimsuits with rhinestones and give them a ribbon. Male rhythmic gymnastics actually has little to do with art, but more like acrobatics with an object.
"Items in male rhythmic gymnastics are different from women's. These are two men's heavy maces, two rings, a 90-centimeter wooden cane and a rope. But, naturally, we have a different ideology. It's no secret that male rhythmic gymnastics originated in Japan. Therefore, in our sport there are elements of martial arts, in general, all in the oriental style. So we are not going to make girls out of boys, "Alexander Buklov told Infox.ru.
"Even the elements with the same rope men perform much more dynamic, with elements of acrobatics - with all sorts of flips, screws, pirouettes. There are group exercises, they are performed by six people. The subject in this form is not, but there is a crazy acrobatics and elements of cooperation, "the athlete added.
Already now in Moscow and other cities there are sections of male rhythmic gymnastics. And at the recent Cup of Amina Zaripova, nine representatives of a new kind of sport for Russia were already out of the test.
It is clear that the level of the country is not too large for one of the most successful trainers of the planet. But not far off is the day when men's rhythmic gymnastics thanks to Wiener will be able to enter into the FIG.





このブログでも再三取り上げている、カナダで男子新体操を教えるマリオさんもそうなのですが、ロシアにおける男子新体操は、埼玉栄の石田渓先生が以前ロシアに指導に行かれたことがもともとの発端となっています。(記事に出てくるBuklov氏は、石田先生の教え子)
As well as Mario’s classes in Canada, men’s rhythmic gymnastics in Russia started when the MRG committee tried to expand the sport abroad in the past. Kei Ishida, currently a teacher at Saitama Sakae high went to Russia and taught Alexander Buklov the basics of MRG.

男子新体操委員会が過去に試みた国際化は、失敗に終わったと多くの人が見ていますが、実はそうではなかった。
Most people consider the past attempt of the MRG committee failed, but actually it didn’t.

あの時に蒔かれた種が芽を出し、カナダで、あるいはロシアで育っていたのです。それを日本にいた我々は(主にコミュニケション手段の欠如によって)知ることなく、「男子新体操は日本にしかない」「男子新体操は日本的な競技」と思い込んでいたにすぎません。
The seeds are starting to put forth leaves now in Canada and Russia. It is only us Japanese that didn’t know it mainly due to the luck of communication means and kept thinking “MRG is very unique to Japan”, “MRG is the sport which has a savor of Japanese-ish.”

かつての国際化の試みから10年以上の月日が経ち、今や地球上のどこであっても、SNS等を利用して瞬時に連絡が取れる時代になりました。言葉の問題は依然として厳しく存在しますが、それを各国との連携・協調ができない理由にはできない時代になっています。
It has been more than ten years since the attempt of internationalization of MRG. Now we can learn anything through SNSs. There still is a problem of language barrier, but we cannot use it for an excuse for not cooperating with people in other countries.

国際化をするにしろしないにしろ、あるいはロシアと協力するにしろしないにしろ、必要なのはその決断までの過程で情報を提供したり、相手側とコンタクトを取るなどのコーディネートができる人材です。また、本当に国際化が実現した場合に、ルール作りをはじめとする様々なネゴシエーションができる人材を、男子新体操界の中から作り出す必要があります。それができないと、ほかのスポーツでよく見る「日本に不利なルールに変えられる」ということが起こります。スポーツの世界での発言力、政治力が弱いことの一因として語学力があることは想像に難くありません。(もちろんそれだけが理由ではないでしょうが)
Whether MRG is internationalized or not, and whether we cooperate with Russia or not, we definitely need someone who has information and share it with the rest of us in the course of decision-making, and who can facilitate the interaction between the involved parties. Hopefully those people should appear from the MRG society. Otherwise, we might face various disadvantages such as revision of rules which makes Japanese gymnasts difficult to win. We’ve seen those stuffs happening in other field of sports very often. It is easy to guess language barrier has played a significant role there (of course that is not the only reason, you know…).

今からでは遅いくらいですが、今からでもやるしかない…と思います。若い世代の選手・OBの方々の中から、国際感覚と語学力を身につけた人材、あるいはそういう人材を本当に有効活用できる人材が育つことを祈るばかりです。
It might to be too late, but better late than never. I sincerely hope someone with English competence and international mindset will appear from younger generation.

いま、慣用表現として「祈る」と書きましたが、祈るだけでは物事は実現しません。誰かが行動しないといけません。それだけの気概と責任感ある人が現れるかどうか。それが男子新体操の命運を決めるかもしれないと、私は思っています。
I used the word “hope”, but only hoping does not bear anything. We need someone to act. I personally think that that “someone” will determine the future of MRG.

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。