FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子新体操ファンのサラさん

Men's rhythmic gymnastics has attracted a lot of fans all over the world. Now I'd like to introduce Ms. Sarah Hodge, who has recently fallen in love with this sport when she watched MRG videos on YouTube.

男子新体操は、これまで世界中に多くのファンを作ってきました。今回は、YouTubeを見て男子新体操に恋をしたというサラ・ハッジさんをご紹介させていただきます。

She came across the famous Ibara High School group routine of 2016 on Facebook, and after that, she just couldn't stop watching other MRG videos on YouTube, including those of Kokushikan and Aaomori Yamada. Her story reminds me how I became a fan of MRG two and a half years ago. I was just like that. I was shocked by their precision, power, and beauty. I was desperate for more information. I wanted to know everything related to MRG. However, except for GymLove and Aomori Yamada HS blog, there was little information which told me where, when, and how MRG competitions were held.

サラさんは、Facebookでたまたま2016年の井原高校の動画を見て男子新体操を知ったそうで、そのあとYouTubeで国士舘大学や青森山田高校の映像を何時間も見続けたそうです。彼女の話を聞いて、自分が2年半前にどんなふうに男子新体操のファンになったかを思い出しました。私もまさにそんな感じでした。男子新体操の正確さ、力強さ、そして美しさに衝撃を受けました。情報を必死に探しました。男子新体操に関することをすべて知りたいと思いました。しかし、ジムラブと青森山田高校のブログを除いては、いつ、どこで、どのように男子新体操の試合が行われているのかという情報はほぼありませんでした。

Fortunately, Sarah contacted me and I could tell her the information she needed. She went to watch All Japan Youth Championships of Rhythmic Gymnastics last Sunday, and enjoyed her first MRG competition. Here's her impressions posted on Facebook. With her consent, I'd like to share it with readers.

幸運なことに、サラさんは私にコンタクトを取ってくれましたので、必要な情報を伝えることができました。先日、日曜日に行われたユースの大会にサラさんは出向き、初の男子新体操の試合を楽しんでこられたようです。Facebookにその所感を投稿されていましたので、サラさんの了解のもとに、それをシェアしたいと思います。



Sasaki Cup 2017 – 8th Annual Men’s Rhythmic Gymnastics Youth RG Competition
My impressions:
I am a relatively new fan to Men’s Rhythmic Gymnastics, a sport that originated in Japan over 60 years ago and combines elements of various gymnastic disciplines (artistic, acrobatic, rhythmic) with great depth of emotion and flawless synchronization. Today in Japan there are over 1,000 men’s rhythmic gymnasts ranging from youth clubs to university RG teams to performance teams such as Blue Tokyo, but the sport is not recognized by governing body FIG (Fédération Internationale de Gymnastique) or the Olympics, leaving many of Japan’s top RG to either turn to coaching or join performance groups such as Blue Tokyo or Cirque Du Soleil.

ササキカップ2017 - 第8回男子新体操団体選手権
私の所感:
私は比較的新しい男子新体操のファンですが、男子新体操は日本発祥のスポーツで、60年以上の歴史を持ち、様々な分野の体操の要素を融合させたものです(器械体操、アクロバット、リズム体操)。今日、日本ではジュニアのクラブから大学チーム、BLUE TOKYOのようなパフォーマンスチームに至るまで、1,000人以上の男子新体操の選手がいますが、この競技はFIG(国際体操連盟)に認められておらず、オリンピック競技にもなっていません。そのため、トップ選手の多くはコーチに転身するか、BLUE TOKYOあるいはシルク・ドゥ・ソレイユのようなパフォーマンス集団に加わることになります。


Once you’ve witnessed the power, precision, and elegance that is men’s RG, you’ll quickly see why these incredible athletes should have the right to compete on the international stage. Aomori University Men’s RG team performed at the closing ceremony of the 2016 Rio Olympics in a bid to bring more visibility to men’s RG.

ひとたび男子新体操の力強さ、正確さ、そして優雅さを目にすれば、このスポーツの素晴らしいアスリート達が国際的な舞台で演技する資格があることが、すぐにわかることでしょう。青森大学の男子新体操チームは2016年リオオリンピックの閉会式で、男子新体操をより多くの人に見てもらうために演技をしました。

For individual men’s RG, they use apparatus similar to women’s RG: clubs, rope, double rings, and stick. Points are based a 10-point scale that measures the difficulty of the tumbling and 10 points for apparatus handling for a possible total of 20 points. Individual performances clock in at a brief 1:15 - 1:30, while team RG performances run at 2:45 - 3:00 and do not use apparatus. Team RG routines are also scored on a scale of 20 possible points, 10 points for difficulty and 10 for execution. For men’s RG, tumbling is performed on a spring floor.

男子新体操の個人では、女子の新体操と似た手具を使います。クラブ、ロープ、リング、そしてスティックです。得点は20点満点で、タンブリングや手具操作等の難易度を含む構成点が10点、実施が10点です。個人演技は1分15-30秒以内に収める必要がありますが、一方団体演技は2分45秒から3分以内となっており、手具は使いません。団体演技も20点満点で、構成点が10点、実施点が10点です。男子新体操では、タンブリングはスプリングのついたフロア上で行います。


I arrived at Tokyo Metropolitan Gymnasium in time to catch several of the men’s RG individual gymnasts, including first-place winner Tanaka Keisuke’s performance. It was the first time I had witnessed individual men’s RG as I tend to focus on team RG. At Sasaki Cup, the setup was to run two women’s RG routines, alternating with a men’s team RG routine. The floor was divided into two mats, the left side for women (thoughtfully edged in pink!) and the right side was the bulkier spring mat required for men’s tumbling. The judges were also divided by gender. I also had the great pleasure of meeting up with and sitting with Men’s RG superfans Iseno and Masashi Ueda, who were the most gracious hosts in explaining various elements to me in English and providing translation when talking with gymnasts and coaches. Gymnasts’ classmates would yell out “fight!” (good luck) and "good luck!” as individual gymnasts and teams took the floor; Aomori Yamada high school Men's RG had the largest cheering section of parents and friends waving fans and towels. (Confession: one reason I wanted to attend Sasaki Cup was SPECIFICALLY to see this top team compete!!)

私は、優勝した田中啓介選手の演技をはじめ、個人競技もいくつか見られるタイミングで東京体育館に着きました。私はそれまで団体演技ばかり見ていたので、個人を見るのはこれが初めてでした。ササキカップでは、女子が2回演技したら男子が演技する、というふうになっていました。フロアには2つマットがあり、左側には女子用(女子らしくピンクの縁がついている!)、右側には男子のタンブリングに必要なもっと分厚いマットが置かれていました。審判も男女で分かれていました。そして、男子新体操の大ファンである、上田いせのさんと上田昌史さんと待ち合わせをして、一緒に観戦することができました。彼らは本当に親切で、英語で様々な要素のことを教えてくれたり、選手やコーチと話す時に通訳してくれたりしました。選手の同級生たちは、個人選手やチームがフロアに登場した時に「ファイト!」「がんば!」と叫びます。青森山田高校の男子新体操部の応援団は、うちわやタオルを振る保護者や友達が最も多いようでした。(実は、ササキカップに行ったのは、特にトップチームである青森山田を見たかったからなのです!!)

There were 28 men’s RG teams competing on Sunday, but the pacing was so aggressive (one individual women's RG routine, next female RG up while men’s team took their places towards the end of the second routine) that it went very smoothly. I was excited to see several teams that I’d been watching extensively on YouTube, particularly reigning champions Aomori Yamada HS RG Team (who were recently profiled on NHK).

日曜日には28チームが演技を行いましたが、ペースが非常に早く、とてもスムーズに進行しました(女子の演技が1つ行われると次の女子選手が登場し、2つ目の演技が終わる頃に男子がスタンバイしているという具合)。YouTubeで何度も見ていたチーム、特に2連覇している青森山田の演技が見られるとあって、私は興奮していました(青森山田は最近、NHKの番組に出演していました)。

Watching Men’s RG on YouTube and witnessing the power, beauty, synchronization and skill in real life: no comparison! Men’s RG uses the whole body to elicit emotion through carefully placed hand gestures and movements almost like ballet at times (interestingly, women’s RG includes fouettes), and the team routines alternate between slow, martial-arts-like synchronized movements to high-energy tumbling, lifts and throws with incredible height and speed.

男子新体操をYouTubeで見ることと、実際にあの力強さ、美しさ、同時性と技術を見ることは、比較になりません!男子新体操では、体全体を使って感情を表現し、細心の注意を払った手のしぐさや動きは、時にバレエを見るようでした(興味深いことに、女子の新体操にはフェッテが含まれます)。そして、団体演技では武道を思わせる緩やかで同調した動きがあるかと思えば、エネルギッシュなタンブリングやリフト、リフトからの信じられないくらい高くスピードのあるジャンプもあります。

The beautiful costumes (reminiscent of men’s figure skating), great music choices (women performed to samba, several Gipsy Kings songs, Zaz, and Christina Aguilera; for the men, there was some David Garrett thrown in and “Merry Christmas Mr. Lawrence,” yay!), and countless hours of training, sweat and tears paid off into polished performances. Afterwards, many of the teams came up into the fan stands to thank family and friends and presented their moms with carnations for Mother’s Day. Afterwards, I had the chance to talk to several athletes from Aomori Yamada HS and other top schools, as well as meet some of the coaches from BLUE TOKYO KIDS (thank you Kawato-sensei!), a MRG gymnast now performing with Cirque du Soleil, and spotted several members of Blue Tokyo as well (Coach Sakae Arakawa, coach of Aomori Yamada Men’s RG for over a decade, also started BLUE TOKYO as a venue for Men’s RG athletes to continue performing after university).

フィギュアスケートの男子を連想させる美しい衣装、素晴らしい音楽の選択(女子はサンバ、ジプシーキングスの曲、Zaz、クリスティーナ・アギレラなど。男子はデイヴィッド・ギャレットや「戦場のメリークリスマス」、イェイ!)、そして最高の演技を作るために費やされた、とてつもなく長い時間のトレーニング、汗、涙。演技後に、多くのチームが観客席に来て、家族や友達に挨拶したり、母の日のカーネーションをお母さんに贈ったりしていました。私は青森山田やほかの学校の選手たちと話す機会がありましたし、BLUE TOKYO KIDSのコーチともお会いしました(川戸先生、ありがとうございます!)。現在シルク・ドゥ・ソレイユで演技している男子新体操選手にもお会いしましたし、BLUE TOKYOのメンバーも何人か見かけました。(10年以上も青森山田のコーチをしておられる荒川先生が、大学卒業後に選手たちが男子新体操を続けられるようにと、BLUE TOKYOを作りました)

All in all, an incredible afternoon and congratulations to all of the coaches, individual gymnasts and teams! <3

というわけで、信じられないような1日でした。すべてのコーチたち、個人選手たち、団体チームに、おめでとう!

スポンサーサイト

ロシアにおける男子新体操

This article is written both in Japanese and English. English comes right after Japanese.

以前、ロシアについての記事を書きました。【こちら

その後、様々なことがわかってきましたので、読者の皆様と情報共有したいと思います。まずはこちらのロシア語のニュースサイトの翻訳をご覧ください。元記事は【こちら
(ロシア語→英語→日本語ですので、100%正確な翻訳ではありません)

I once wrote about Russia in this blog. Since then, there have been many new findings about the recent development in Russia, so I’d like to share the information with the readers.

ヴィネル氏の主導で男子の選手権開催へ

イリーナ・ヴィネルは新体操の世界にまた革命を起こすことを決意した。今回、ロシアチームのヘッドコーチ(=ヴィネル氏)は新しいナショナルチームを作った。

なぜ男子新体操はアブノーマルと思われているのか?
「男子新体操には、ロシアでも強い偏見があります。男子新体操はなにか犯罪的で、アブノーマルで、男らしくないと。インターネットで拡散されている映像がさらに誤解を与えています。スペイン人が女子と同じ手具を使って、女子と同じ動きをするあれです。正直に言って、私にはちょっと理解できません。男子が女子と同じことをするのは美しくないですし」とロシア人初の世界チャンピオンであるAlexander Buklov氏は語った。

日本発祥のこのスポーツは、2005年にイリーナ・ヴィネル女史が始めたものだ。才能ある男の子を探している時に、SamaraでAlexander Buklovを見つけ、数ヶ月後には彼を世界チャンピオンにしたのだ。

混同してほしくない
その後、どういうわけか男子新体操は急速に忘れられてしまった。しかしこのスポーツが長い間忘れられっぱなしになるなどということを、イリーナ・ヴィネルは許さなかった。全ロシア新体操協会(WFHG)の会議で、男子新体操部門を作ることが満場一致で決議されたのだ。その担当者はAlexander Buklovである。

「公式に認められたので、男子新体操のことを理解してもらうために今後は何倍も真剣に取り組んでいく必要があります。器械体操と混同されたくないのです。偏見や見下すような態度もありますけれども」とBuklov氏は言う。

イリーナ・ヴィネルアカデミーは、新しいプログラムを立ち上げた。これは「スター・チルドレン」と呼ばれ、3歳〜12歳までの男女に体操を通して総合的なトレーニングを行う。来年には、20人からなるロシアチームができそうだ。

「いくつかの地域から申し込みが来ています。カザン、ペトロザボーツク、モスクワ、バルナウル、私の郷里のサマラなどが将来的にはつながっていくでしょう。ロシア全土から優秀な子供を選抜しています。」とBuklov氏は言う。

イリーナ・ヴィネルは男性にラインストーンつきのレオタードを着せて、リボンをもたせたいわけではない。男子新体操は女子の新体操よりもむしろ、道具を使ったアクロバットに近い。

「男子新体操で使われる手具は女子のものとは違います。女子より重いクラブ、リング、木製のスティックとロープです。また、考え方も異なっています。男子新体操が日本発祥であるのは秘密ではありません。したがって、このスポーツには武道の要素があり、東洋的なスタイルを持っています。だから、男の子を女の子みたいにするというわけではないのです。」とBuklov氏は語る。

「同じ手具であるロープにしても、女子よりずっとダイナミックで、アクロバットの要素があります。あらゆる種類の宙返り、ひねり、回転など。6人で行う団体もあります。手具は使われませんが、クレイジーなまでのアクロバットの要素と同調性があります。」とBuklov氏は付け加えた。

すでにモスクワその他の都市で男子新体操のクラスが存在している。最近行われたAmina Zaripovaカップでは、ロシアの新しい種類のスポーツ(=男子新体操)の代表9人が演技をした。この地球上で最も成功したコーチであるイリーナ・ヴィネルにとっては、ロシアといえども広すぎて手に負えないということはないだろう。イリーナのおかげで、男子新体操がFIGの傘下に入るのも、遠いことではないと思われる。



(Google translation of the Russian website)
Viner will lead the men to the championship titles

Text: Marina Gubina / Infox.ru

Irina Viner decided to make another revolution in rhythmic gymnastics. First, she achieved the fact that the International Federation (FIG) allowed athletes to go to the platform in skirts. Now the head coach of the Russian team creates a new national team.

"Why is men's gymnastics considered something abnormal?"
Those who want to offend representatives of this sport, already call it "men's artistic gymnastics."
"We do not call this the men's artistic gymnastics, because we already have a clearly established stereotype in Russia: male artistic gymnastics is something criminal and abnormal, not typical of men. And what they spread on the Internet, misinforms the people even more. I saw these videos: the Spaniards performed, they did women's exercises with female objects. To be honest, I did not understand this, for a man to do it is ugly, let's say softly, "Alexander Buklov, the first Russian world champion in male rhythmic gymnastics, told in an interview with Infox.ru.
The development of this sport, which originated in Japan, the famous trainer Irina Wiener took up in 2005. She went to Russia to view talented boys. She came to Samara, found there Alexander Buklov, and a few months later made him the world champion.

"We do not want to be confused"
After this success for rhythmic gymnastics for some reason quickly forgotten. But for a long time not to remember about this sport Irina Wiener could not afford. In December 2009, he became official in Russia. At the reporting conference of the All-Russian Federation of Rhythmic Gymnastics (WFHG), all representatives unanimously voted to create a department of male rhythmic gymnastics. Curator of it was Alexander Buklov.
"Everything acquires official features, and it will be necessary to work several times more seriously, so that they will hear about us and finally understand what kind of sport it is - male rhythmic gymnastics. We do not want to be confused with artistic gymnastics, so that there are some "but" and prejudiced or disparaging attitude, "Buklov said.
"The Academy of Irina Viner is now launching a new program - a program of comprehensive and harmonious development using the means of gymnastics called" Star Children ". We recruit both girls and boys from three to twelve. We are watching all comers, "he continued.
Already next year will be formed the Russian team of 20 people. "We have applicants from several regions. This is Kazan, this is Petrozavodsk, this is Moscow, this is Barnaul, I think that my native city, Samara, will be connected in the future. We will select talented children across Russia, "said the curator of the men's rhythmic gymnastics.

"Male gymnasts have a different ideology"
Irina Wiener is not going to dress men in swimsuits with rhinestones and give them a ribbon. Male rhythmic gymnastics actually has little to do with art, but more like acrobatics with an object.
"Items in male rhythmic gymnastics are different from women's. These are two men's heavy maces, two rings, a 90-centimeter wooden cane and a rope. But, naturally, we have a different ideology. It's no secret that male rhythmic gymnastics originated in Japan. Therefore, in our sport there are elements of martial arts, in general, all in the oriental style. So we are not going to make girls out of boys, "Alexander Buklov told Infox.ru.
"Even the elements with the same rope men perform much more dynamic, with elements of acrobatics - with all sorts of flips, screws, pirouettes. There are group exercises, they are performed by six people. The subject in this form is not, but there is a crazy acrobatics and elements of cooperation, "the athlete added.
Already now in Moscow and other cities there are sections of male rhythmic gymnastics. And at the recent Cup of Amina Zaripova, nine representatives of a new kind of sport for Russia were already out of the test.
It is clear that the level of the country is not too large for one of the most successful trainers of the planet. But not far off is the day when men's rhythmic gymnastics thanks to Wiener will be able to enter into the FIG.





このブログでも再三取り上げている、カナダで男子新体操を教えるマリオさんもそうなのですが、ロシアにおける男子新体操は、埼玉栄の石田渓先生が以前ロシアに指導に行かれたことがもともとの発端となっています。(記事に出てくるBuklov氏は、石田先生の教え子)
As well as Mario’s classes in Canada, men’s rhythmic gymnastics in Russia started when the MRG committee tried to expand the sport abroad in the past. Kei Ishida, currently a teacher at Saitama Sakae high went to Russia and taught Alexander Buklov the basics of MRG.

男子新体操委員会が過去に試みた国際化は、失敗に終わったと多くの人が見ていますが、実はそうではなかった。
Most people consider the past attempt of the MRG committee failed, but actually it didn’t.

あの時に蒔かれた種が芽を出し、カナダで、あるいはロシアで育っていたのです。それを日本にいた我々は(主にコミュニケション手段の欠如によって)知ることなく、「男子新体操は日本にしかない」「男子新体操は日本的な競技」と思い込んでいたにすぎません。
The seeds are starting to put forth leaves now in Canada and Russia. It is only us Japanese that didn’t know it mainly due to the luck of communication means and kept thinking “MRG is very unique to Japan”, “MRG is the sport which has a savor of Japanese-ish.”

かつての国際化の試みから10年以上の月日が経ち、今や地球上のどこであっても、SNS等を利用して瞬時に連絡が取れる時代になりました。言葉の問題は依然として厳しく存在しますが、それを各国との連携・協調ができない理由にはできない時代になっています。
It has been more than ten years since the attempt of internationalization of MRG. Now we can learn anything through SNSs. There still is a problem of language barrier, but we cannot use it for an excuse for not cooperating with people in other countries.

国際化をするにしろしないにしろ、あるいはロシアと協力するにしろしないにしろ、必要なのはその決断までの過程で情報を提供したり、相手側とコンタクトを取るなどのコーディネートができる人材です。また、本当に国際化が実現した場合に、ルール作りをはじめとする様々なネゴシエーションができる人材を、男子新体操界の中から作り出す必要があります。それができないと、ほかのスポーツでよく見る「日本に不利なルールに変えられる」ということが起こります。スポーツの世界での発言力、政治力が弱いことの一因として語学力があることは想像に難くありません。(もちろんそれだけが理由ではないでしょうが)
Whether MRG is internationalized or not, and whether we cooperate with Russia or not, we definitely need someone who has information and share it with the rest of us in the course of decision-making, and who can facilitate the interaction between the involved parties. Hopefully those people should appear from the MRG society. Otherwise, we might face various disadvantages such as revision of rules which makes Japanese gymnasts difficult to win. We’ve seen those stuffs happening in other field of sports very often. It is easy to guess language barrier has played a significant role there (of course that is not the only reason, you know…).

今からでは遅いくらいですが、今からでもやるしかない…と思います。若い世代の選手・OBの方々の中から、国際感覚と語学力を身につけた人材、あるいはそういう人材を本当に有効活用できる人材が育つことを祈るばかりです。
It might to be too late, but better late than never. I sincerely hope someone with English competence and international mindset will appear from younger generation.

いま、慣用表現として「祈る」と書きましたが、祈るだけでは物事は実現しません。誰かが行動しないといけません。それだけの気概と責任感ある人が現れるかどうか。それが男子新体操の命運を決めるかもしれないと、私は思っています。
I used the word “hope”, but only hoping does not bear anything. We need someone to act. I personally think that that “someone” will determine the future of MRG.

Kokushikan RG Team 国士舘大学新体操部

I visited Kokushikan RG team on April 9th, 2016. They were working on new team routine.
2016年4月9日に国士舘大学の新体操部を訪問しました。ちょうど新しい団体演技を作っているところでした。

Kokushikan04091.jpeg

Their coach, Kotaro Yamada (center in the above picture) was watching them repeat flips and other movements sitting in his chair, but very often got up and went to the gymnasts and discussed very small details with them, which I hardly noticed. He sometimes asked for opinions from S. Oshita (left), a former captain who led the team to win back "All Japan Championships" title in 2008 and now a coach of Kokushikan Highschool RG team, and T. Saito, two-times champion of "All Japan" and now a graduate student of Kokushikan. I had an impression that this team was very agile and efficient. Their practice went like this:
監督である山田小太郎氏(上の写真中央)は、椅子に座って選手が宙返りやその他の動きを繰り返すのを見ているのですが、頻繁に立ち上がって選手の中に入っていき、私などがほとんど気がつかないような非常に細かな点を選手たちと話し合っていました。そして、2008年にジャパンで団体優勝した時のキャプテンであり、現在は国士舘高校のコーチである大舌俊平さん(写真左)や、ジャパンで2年連続優勝し、現在は国士舘の大学院生である斉藤剛大さんの意見を求めていました。このチームは非常に機敏で活気があり、効率的であるという印象を受けました。練習は次のような感じで行われていました。

Kokushikan04093.jpeg

“Let’s try this pattern of flips”, says Kotaro Yamada. The six gymnasts do the complicated combination of flips. “Ummm… could you recognize the movement?” Yamada asks to Y. Ichinohe, who is taking the video of gymnasts. Then everyone watches the iPad screen with such a serious look, and exchanges their opinions freely regardless of their age and order in hierarchy.
「これこれのパターンを試してみよう」と山田監督が言うと、6人の団体選手たちは複雑なタンブリングの組み合わせをしてみせます。「うーん、わかった?」と山田監督がビデオ撮影している一戸君に尋ねます。それから全員が真剣な顔つきでiPadの画面を覗き込み、年齢や序列に関係なく、自由に意見を言い合います。

In this way, their movements changed very slowly, but got better and better. I heard that Kokushikan used to have extremely harsh and strict senior-junior relationships. Not any more. The gymnasts, full of youthful energy, were trying to build their team routine through collaboration between members and coaches.
このようにして彼らの動きは実にゆっくりと、しかしより良いものに変化していきました。かつて国士舘では、先輩後輩の関係が非常に厳しかったと聞きました。しかし今は違います。若いエネルギーに溢れた選手たちは、メンバーとコーチ、監督とのコラボレーションを通して彼らの団体演技を作り上げようとしていました。

国士舘バランス0415

“Kokushikan balance” -- I love this unique posture very much. It’s unique and original, like gymnasts in this RG team. Mr. Yamada proudly told me that he was trying to find good aspect of each gymnast and nurture their individuality. Exactly! Hayami Yumita and Takahiro Saito, two very different types of legendary gymnasts were brought up in this club!
「国士舘バランス」-- 私はこの独特なポーズがとても好きです。独特で他にはないポーズ。この新体操部の選手たちのようです。山田監督は、個々の選手の良い面を見つけて個性を育てるようにしていますと、誇らしげに語ってくれました。まさに!弓田速未選手と斉藤剛大選手は全く違うタイプの伝説的な選手ですが、どちらもこの新体操部で育ったのですから!

Mr. Yamada said, “We are happy to have visitors in our club. You can take and use pictures or videos of anyone, anything.” That is, I must say, very very rare for a top-level RG team like them, especially at this time of the year. From these things, I could feel his passion to promote MRG. When he was young, he even went to Malaysia for a year to spread MRG, which existed only in Japan, to the world. Now he gets older and has become a chairperson of MRG committee, but his mind seems to be still as young and flexible as it used to be.
山田氏は言います。「いつでも見学に来てください。どんな写真や動画を撮っていただいても構いません。」これは、このようなトップレベルの部にしては、そして特にこの時期としては、とても稀なことと言わざるを得ません。これらのことから、男子新体操を広めたいという山田監督の情熱を感じることができました。山田氏は若い頃、日本にしか存在しない男子新体操を世界に広めるために一年間マレーシアに行きました。年齢を重ね、現在は男子新体操委員会の委員長を務められていますが、彼の心はかつてそうであったのと変わらず若く、柔軟性に富んでいるようです。

Koku0415.jpeg

Kokushikan RG team has its own website that provides much information not only on current members of the club but also on retired athletes. The contact address is on the top right of their page, so you can contact them if you’d like to invite Kokushikan RG team for events, or ask ANY questions about men’s rhythmic gymnastics (You can write in English)!
国士舘大学の新体操部にはウェブサイトがあり、現在のメンバーだけではなく、引退した選手たちの情報も掲載されています。右上には連絡先が掲載されていますので、国士舘の新体操部をイベントに招待したいとか、男子新体操についてなにか質問がある場合は連絡を取ることができます(英語の問い合わせOKです!)


(この記事は国士舘大学新体操部の許可を得て掲載しています)

Ibara High School(井原高校)

Ibara High School is one of the most famous and prestigious schools in the field of Men's Rhythmic Gymnastics. Their stunning performances continue to fascinate people around the world. When I saw their performance on YouTube, the first thing which came to my mind was "How could they achieve this level of brilliant artistry? What on earth makes them so special?"

井原高校は男子新体操界において、最も有名で名誉ある学校の一つです。彼らの驚くべき演技は世界中の人々を魅了し続けています。YouTubeで彼らの演技を見た時、私の心に最初に浮かんだのは「一体彼らはどうやってこのようなレベルの素晴らしい芸術性を達成できたのか?」ということでした。いったい、何が彼らをそんなに特別にしているのでしょうか?

Ibara is a small but cozy, closely-knitted town in Okayama prefecture with 42,000 people. Surprisingly, however, it has produced as many as four champions at national level competitions so far and three became Cirque du Soleil performers (as far as I know). Also, Ibara high school has won three times at "Senbatsu" or "Inter-high" competitions as a team.

岡山県井原市は人口4万2千人の、小さいけれども落ち着いた、人々の絆が深い町です。けれども驚くことには、この町は、私が知る限りでもこれまで4人の全国大会のチャンピオンを生み、3人がシルクドゥソレイユのパフォーマーとなっています。また、井原高校は「選抜」や「インハイ」で3度団体優勝しています。

A lot of fans of MRG say that Ibara team is very special and attractive. And, yes, their attractiveness has been proven on Facebook. As of March 8, the video of their performance has recorded almost 20,000 shares and 1,200,000 views within only 12 days.

多くの男子新体操ファンが「井原は特別で魅力的だ」と言います。その通り、彼らの魅力はFacebook上で証明されました。3月8日現在、彼らの演技の動画がわずか12日間で2万近いシェアと120万回の再生回数を記録したのです。



People around the world share this video and give them the highest compliment for their beauty, synchronization and precision. I'm so proud of them and enjoyed reading comments given to the post. But if you come to think of Ibara boys, their daily life is not filled only with fame and glory. I heard that they practice so hard and for so long both on weekdays and weekends. And it is a shame that even in Ibara, Men's Rhythmic Gymnastics is not the sport everyone knows.

このビデオを見た世界中の人々が彼らの美しさ、同時性、正確さに最大限の賛辞を送っています。私は彼らが誇らしくて、投稿についたコメントを喜んで読みました。しかし、井原の選手たちの日常生活を考えてみると、それほど輝かしく栄光に満ちたものであるというわけではありません。彼らの練習はとても厳しく、長時間にわたり、平日も週末も練習があるそうです。そして残念なことに井原市においてさえ、男子新体操は誰もが知っているスポーツというわけではないのです。

Here's a problem.

MRG has fascinated a huge number of people around the world. On the other hand, in Japan, only a small number of people know and enjoy this sport.

一つの問題が、ここにあります。

男子新体操は世界中の膨大な数の人々を魅了していますが、一方で国内ではごく一部の人しかこの競技のことを知らないし、楽しんでいません。


MRG exists only in Japan. This does NOT mean this sport is futureless. On the contrary, MRG has tremendous potential to be appreciated by people across cultural, racial, and ethnic differences. Let it survive and flourish. If not we, who? If not now, when?

男子新体操は日本にしか存在しません。これは、このスポーツに将来性がないということを意味するのではありません。反対に、男子新体操は文化、人種、民族的な違いを超えて人々にその真価を認められる大いなる可能性を持っています。男子新体操を生き残らせ、繁栄させましょう。我々がやらねば、誰が?今でなければ、いつ?

BLUE TOKYO dressed as "Salary-Man"

BT後ろ姿

BLUE TOKYO is a performance group consisting of men's rhythmic gymnasts. Their newest video clip has just been released! It shows them dancing and doing flips in solemn business attire in the middle of the world's most populous metropolitan city, Tokyo.

BLUE TOKYOは男子新体操選手で構成されるパフォーマンスグループです。BTの最新のビデオが先日公開されましたが、その中で彼らは、世界で最も人口の多い大都市である東京のど真ん中で、真面目なビジネススーツ姿で回転したり踊ったりする姿を披露しています。



To be honest, I have never expected to be watching them dance in business suits before this clip. Business attire is something at the other end of the spectrum of the image BLUE TOKYO portrays, since they are basically athletes and perhaps rarely dress like that in their everyday life. However, I should say, they are very beautifully attired and it was worth waiting. In fact, fans spent several weeks tantalised after the release of the first short trailer, until the full version was finally posted on YouTube.

正直なところ、私はこのビデオを見るまでは、彼らがビジネススーツで踊るのを見る日が来るとは夢にも思っていませんでした。ビジネススーツは、BLUE TOKYOの対極に位置するものだと思います。彼らは基本的にはアスリートですし、おそらく日常生活でスーツを着るということはほとんどないと思われるからです。しかし、彼らのスーツ姿はとても美しいですし、待ったかいがありました。実は、このビデオの予告編が出てからYouTubeに完全版が投稿されるまで、ファンたちはじれったい数週間を過ごさなければならなかったのです。

monored.png

Their energetic movements are featured in black and white, occasionally accompanied by eye-catching vivid red ropes, sticks, and rings. The video successfully illustrates the cold, dark, and lonely side of the metropolis and co-existing humanity. BLUE TOKYO has provided their fans with mental and emotional support, and although the word "BLUE" (sometimes implying "cold") is part of their name, they exude vibrancy and youthfulness. I suppose what motivates them is their passion for the sport to which they have devoted their time and energy for most of their life -- Men's rhythmic gymnastics.

彼らの動きを映し出す白黒の画面に時折現れる、鮮烈な赤いロープ、スティック、リング。それによって、大都会の冷たく、暗く寂しい側面と、そこに共存する人間性を描写するのに成功しています。BLUE TOKYOはファンにとっては心の支えとなっていますが、グループ名に「青」(「冷たさ」を暗示する場合もある)という言葉を含んでいるにもかかわらず、彼らには若く燃えたぎる血が流れているようです。彼らを突き動かしているものは、人生の大部分の時間とエネルギーをつぎ込んできたスポーツに対する情熱ではないでしょうか。それはすなわち、男子新体操。

BT正面




Appendix
おまけ。


(ここからは英訳ほとんど放棄)

BT先輩たち
Senior members. 我が道を行く先輩たち。さすが先輩たちは、三人三様な感じの決めポーズで!

SとちゃんKちゃん
Buddy-buddy, Kento and Satoshi. 仲良しのサトちゃんケンちゃん。石塚さんのちょっと放心したような視線がいいです(笑)

階段パフォ
So scary!! They are far beyond Takarazuka! 怖い〜〜〜!!宝塚歌劇団も真っ青の階段パフォーマンス(汗)。しかも、スティックを回しながらリングを回すのって、できるものなのですか…!?

藤田さん
These guys are so "cool and stylish". この方々はおそらく、BTの「クール&スタイリッシュ」促進チーム。

最後のクレジット

最後のクレジットで、真っ先に「Satoshi」を確認してしまった私。

「も」

とか

「ま」

とかじゃなくて、ホント良かった、安心安心☆☆☆☆☆
(椎野さんファンの方々、お許しください)

↓↓↓Mつ田さん。
松田さん

Special thanks to my proofreader, Rei.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。